生命の神秘

数カ月前フランスで発表されて革命的な学税だと騒がれているルリシュ博士の「今後の外科医術の課題は統計や数字の圧制から脱して、生命現象の雑多な個体性を理解するにあろう」という主張は、やさしくいい直せば、病気というものはない、あるのはそれぞれの病人だ、ということになろう。

科学万能主載の株もいよいよ下る一方だなと考えているところヘ、思いがけぬ通知と訪問を受けた。通知のほうはパリの従兄の急死の報である。医者で各種の新発明に興味をもち、ボゴモロフの学税その他の長命法を研究していた。かねて百五十歳まで生きるのだと宣言していたが、本年七十四歳でピンピンしていたのに、もっと丈夫になるつもりで長命術の注射を行ったらしい。初めの四聞は好調だったが、五回目に、昏睡状態に陥り、かけつけた名医らもなすすべもなく息を引きとったという。

訪問客のほうは、一時死去を伝えられた旧友である。朝鮮に宣教していたが、北鮮軍の捕虜となり、三十三カ月間あらゆる苦しみをなめた。とうもろこしの粒と雪などを食べつつ二五〇キロの死の行進に、十三人の同僚は道に倒れたが彼は耐えぬき、収容所を荒した肺炎と赤痢にも薬ひと粒なく生き残った。しかも昔は胸を病んでサナトリウム出身という彼を、私は二十五年来知っているが、今ほど元気な姿をみたことはないといえるのである。
いかにも生命現象は大きな神秘に包まれている。アインシュタインのいったように「神秘に対する知覚こそあらゆる学問の種」であろう。

おススメ会社設立セット

  1. 店舗販売最安レベル9,800円!会社設立印鑑3点セット(柘植)

    ※通信販売は行っておりません。
  2. 会社設立センター・起業家応援パック

    会社設立・起業家応援パック(司法書士+税理士)まとめて頼む=とってもお得な起業家応援パッ...
  3. 会社設立ブランディングセット

    せっかく開業した貴方の法人、告知やご案内は、終了していますか??「会社設立ブラン...