歯と進歩

光陰矢のごとし。日本の土をはじめて踏んでから今年でもう三十年になる。先日身近な人々にこちらでの三十歳という威勢のいい誕生日を祝ってもらい、感慨あらたに、そぞろ日本のきのうきょうを思いくらべた。

昔をほめるのは老人のくせだが、私は、 以前から過去の日本の住みよさを賛えていた。ではその点では進歩はないのかと問われれば、ともかく一つあるといいたい。
その昔、住みよい日本ではじめて胞をつぶさんばかりにおどかされたのは、ある田舎でオハグロという前世紀の奇留に対面したことであった。こけおどかしに男がするのでなく、女の世界にはやったことだから、美と関係があるに相違ない。しかしこれは私の審美感にとって最初のショックたった-次におびやかされたのが金幽流行時代。私も脳医者の御厄介になることとなり、前歯に金をかぶせることをすすめられた。顔の正面に会をやたら光らせるのは美しいとは思えぬと、あやしげな日本語で大ギロンを試みたが、結局けちん坊なのだと見られたらしいのは無念千万であった。

当時すべてに順応を心がけていた私も、まだ”歯に衣きせる”ことを知らなかったのだが、どうやら物のいい方を心得たこんにちは、いつか金歯もすたれて、こんな議論をする心配もなくなった。
同時に人の話しぶりからも虚色が退けられて、一般に率直な物いいをするようになった。これは実に御同慶にたえぬ進歩だとおもう。
たまに失言があっても、歯に衣きせた物いいや奥歯に物のはさまった話ぶりより、明朗率直式のほうが、公私ともにつき合いやすいであろう。

おススメ会社設立セット

  1. 店舗販売最安レベル9,800円!会社設立印鑑3点セット(柘植)

    ※通信販売は行っておりません。
  2. 会社設立センター・起業家応援パック

    会社設立・起業家応援パック(司法書士+税理士)まとめて頼む=とってもお得な起業家応援パッ...
  3. 会社設立ブランディングセット

    せっかく開業した貴方の法人、告知やご案内は、終了していますか??「会社設立ブラン...